ラトウ゛ィアからの感謝状
パウラ・ストラディナ医大病院職業病・放射線医療センターより


Thank you letter to Japanesse Hibakusha fund

Dear Friends!

We would like to say You big thanks about the financial support that gave the opportunity for two our doctors Natalia Kurjane and Jolanta Cirule to take study program in Japan.

Study programs in Hiroshima International Council for Health Care of Radiation ミexposed (HICARE) and Nagasaki Association for Hibakushas Medical Care (NASHIM) were very good and useful for our colleagues. It was good experience that they have got in Hiroshima and Nagasaki as practical doctors, researchers and teachers.

We highly appreciate teaching courses in Japan. Sharing experience and knowledge with Japanesse doctors, researchers and teachers in the field of radiological medicine is certainly the important contribution to the development of our knowledge and care to our Chernobyl accident clean-up workers.

With warm thanks and appreciation, we wish You to continue Your very important activities and look forward to a fruitful collaboration also in the future.

You always will be expected quests in Riga!

On behalf of the Center of Occupational and Radiological medicine of Paula Stradins Clinical university hospital
Professor Maija Eglite

2006-11-10.


エストニア・チェルノブイリ・ヒバクシャ基金の皆様

 親愛なる友人のみなさん
 当センターの二名の医師、ナタリヤ・クルヤネとヨランタ・シールレが日本での研修プログラムに参加できるように取り計らってくださった貴基金のご支援に心から感謝します。広島のHICARE(放射線被曝者医療国際協力推進協議会)とNASHIM(長崎ヒバクシャ医療国際協力会)での研究プログラムは二人にとって大変有益なものでした。広島と長崎での経験は、臨床医として、研究者として、また教師としての二人にとって役立つものでした。
 私たちは、日本での研修を高く評価しています。日本の医師、研究者、教師と放射線医療分野での経験と知識を共有することは、私たちの知識を豊かにし、ラトヴィアのチェルノブイリ事故処理作業者の治療の発展に大きく寄与することは間違いありません。
 心からの感謝を申し上げるとともに、皆様がこうした大変重要な活動を継続されることを希望してやみません。そして今後も実りある協力ができることを期待しています。
是非リガにもおいでください!

パウラ・ストラディンス医大病院 職業病・放射線医療センターを代表して
マイヤ・エグリテ教授
2006年11月10日

(訳:山下 史)

(c)All copy rights Estonia Chernobyl Hibakusha Fund